STORY

高校生の岡田卓也(北村匠海)はクラスの寄せ書きを届けるため行った病院で、入院中の同級生・渡良瀬まみず(永野芽郁)と出会う。

明るく振舞う彼女が患う病気は“不治の病・発光病”。

細胞異常により皮膚が発光し、その光は死が近づくにつれて強くなるという。

そして、成人するまで生存した者はいない―。

原因はいまだに解明されておらず、患者は病院から出ることを許されない。まみずは”籠の中の鳥”だった。

卓也は病院から出られないまみずの“叶えられない願い”を代わりに実行し、その感想を伝える【代行体験】を行うことに。

代行体験を重ねるごとに、まみずは人生の楽しみを覚え、卓也は彼女に惹かれていく。

しかしその反面、迫りくる死の恐怖が2人を襲う。そして卓也に隠された”ある過去”を呼び覚ます。

命のともしびが消えるその瞬間。

まみずが卓也に託した最期の代行体験とは――。